アローカナたち

更新日:6月8日

2018年初冬、帯広の「狩人の蔵」に雌鶏3羽雄鶏1羽を迎えに行く。

 山に薄っすら雪化粧を見ながら、帯広に向けてジムニーを走らせ

4羽のアローカナを迎えた。



 春になり小さな孵卵器で卵を孵しはじめる。

ひよこが生まれ、ひよこ電球で温めながら見守る。









 なんとか3週間、家の中で大きくし、

外へ出すとカラスにやられたりで

2019年の夏は成鳥まで育たず。















2020年 春 ひよこ孵化、飼育

ペローシスだったクロちゃんがたった1羽成鳥に!


2021年 4月 「狩人の蔵」からひよこ20羽わけてもらう。


       孵卵器を少し上等なものに替えると健康なひよこがどんどん生まれ

      自家卵の子が現在8羽成長中です。



     6月6日 4月に帯広から来たひよこたち、鶏舎デビューしました。


    



 手前の大きいのは昨年生まれたクロちゃん。

すぐにわかるように足環グリーンをつけました。




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示